シミというのは1種類を示す言葉ではなく、複数の種類の総称です。そのためシミについて考えていくときには、どのような種類か知るというのもポイントの1つです。同じシミという場合であれば、原因や対処方法は変わらないと思っている方もいるでしょう。ですが種類の違いに応じて、原因や対処方法などの点には違いが見られます。そこでどのような違いがあるのか把握して、状況に応じた対応ができるようにしましょう。

最も多く見られるシミとしてあげられるのが、老人性色素班です。0.1センチ未満の小さなもので隆起もなく、紫外線などによってできるケースが多くなっています。頬やこめかみなどにかけて分布するのが特徴の1つです。できたばかりの老人性色素班であれば、美白化粧品で改善ができます。しかし悪化した場合には、改善のためにレーザーでの治療が必要です。

30~40代の方を悩ませるシミというのが肝斑です。女性ホルモンのバランスが変わる妊娠期や更年期などに起こりやすいという特徴があります。肝斑で注意が必要なのが、ほかのシミでは有効なことが多いレーザーによる治療の効果が期待しにくいという点です。美白化粧品や内服薬などによって治療を行っていくようにしましょう。ただし改善していくためには、ある程度の期間が必要になるということも忘れてはいけません。

小さな子供にできることが多いそばかすも、シミの一種です。そばかすは遺伝的な要素が多く、そのような場合には成長と共に改善するケースが多くなっています。一方で後天性が原因でそばかすができた場合には、紫外線などの影響で濃くなる可能性もあります。後天性のそばかすの場合には、レーザーによる治療が行われるのが一般的です。

ほかにも皮膚の表面にできるのではなく、深部から生じるタイプのシミも存在しています。目の下にできている場合には、クマと間違われるケースも見られます。皮膚の深部からできているものだと、殴られた跡にも見えるため周りから誤解されやすいので注意が必要です。アザのようにも見えることがある皮膚の深部にできたシミの場合には、美白化粧品などでのケアで改善は期待できません。レーザーを使って、医療の面からアプローチを行っていくことが大切です。

このようにシミにはさまざまな種類があり、適した治療方法は異なります。また種類や原因を個人で見極めるのは難しいこともあるので、専門医に相談しながら治療を検討することも必要です。